現在の運行状況
webtokk

2016年

715日号

阪急沿線情報サイトwebTOKKは、
阪急アドエージェンシーによって運営されています

  • 今号の特集1
  • 社寺行事
  • ニュース・イベント
  • 宝塚歌劇

特集 夏の夜に咲く花々 花火の世界 日本の夏の風物詩・花火。でも、その成り立ちは意外と知らないもの。「どんな種類があるの?」「中はどうなっているの?」など花火の疑問を徹底リサーチ。花火大会で思わず披露したくなる豆知識や、阪急沿線の花火大会、観覧に便利なグッズの情報もご紹介!
CONTENTS
  • 花火の豆知識
  • 阪急沿線の花火大会

花火の種類を知ろう

この人に聞きました!

上埜 昌紀さん

國友銃砲火薬店
上埜(うえの) 昌紀さん

発祥は戦国時代までさかのぼるという國友銃砲火薬店。上埜さんは、鉄砲鍛冶400年の伝統技術に加え、コンピューター制御などの最新技術をいち早く取り入れて、花火大会の企画・演出を行う煙火部に所属する。毎年いくつもの大きな花火大会をプロデュースし、海外ではドバイの花火の打ち上げなども手掛ける花火のプロ。

【割物(わりもの)

日本固有の芸術品とも言われる単発の花火。外側に向かって、星と呼ばれる火薬が放射状に丸く広がる。多くの火薬が使われ、高く上がる大きなものが一般的。
image01

高い芸術性で愛される、日本を代表する花火。中心から放たれた火の粉が、「引き」と呼ばれる光の跡を残しながら球状に広がる。

image02

「引き」がなく、光が鮮やかに点として現れるのが特徴。連続して打ち上げる時や、ミュージック花火といった様々な演出に利用されることが多い。「菊」と共に花火師の腕が試される花火。

【ポカ物(もの)

歴史が古く、江戸時代後期から作られたとされている。上空で2つに「ポカッ」と割れ、中の花火が開くことから名づけられた。内包するものによって形は様々。
image03

火薬を詰めた円形の紙筒が、音を発しながら蜂のようにランダムに飛び回る。

image04

開くときにバンバンと音を出しながら、強い光と火の粉を散らす。

【小割物(こわりもの)

割物とポカ物の中間的な花火で、大きな玉が開いた後、ワンテンポ遅れて小玉が一斉に花開く。
image05

大玉の中に詰められた、小さな菊や牡丹が一斉に開く様は華やか。「百花園」や「菊畑」などの愛称でも親しまれている、人気の花火。

【型物(かたもの)

ハートやスマイルマークなどのユニークな形の花火。最近では、アニメキャラクターや立体的な形なども登場している。
image06

工夫次第で様々な形を作ることができ、毎年新作が生まれている。平面的に打ち上がる型物は、見る角度によってはその形に見えない場合もあるので、同じものを数発連続で打ち上げ、どの角度からも形がわかるように工夫することも。

豆知識①

謎の多い花火のルーツ

実は、花火のルーツははっきりとわかっていない。花火の原料となる火薬が中国で発明されたのは、唐の時代(618〜907年)。同時期に花火も作られていたのではないかと言われている。その後、火薬がイスラム諸国を経てヨーロッパへと伝わり、花火も作られるようになった。日本の花火のルーツは諸説あるが、一説には、天文12(1543)年に種子島に鉄砲と火薬がもたらされた頃とされている。

豆知識②

美しい花火の基準

花火を作り、打ち上げる花火師たちの創意工夫により、年々進化を遂げている花火。最近では、花火の競技会も数多く開催され、その美しさや芸術性を競っている。割物花火の評価となる4つのポイントを知れば、花火観賞がもっとおもしろくなる!

【座り】

タイミング良く開く
打ち上げられた花火が昇り切った瞬間に開くのが良いとされ、これを「座りが良い」と表現する。

【張り】

放射状に開く
星が放射状にまっすぐ飛び、全ての星が着火しているものを「肩の張りが良い」という。

【盆】

真円(球状)を描く
開いた花火の星が描く円を「盆」と呼び、盆は真円であるのが、最も美しいとされる。

【消え口】

一斉に消える
星がきれいに円を描いた後、そろって消えるのが最も良く、「消え口がそろう」という。

花火玉の中身を見てみよう
豆知識③

火薬の色は全部同じ!

左の写真のサンプルと異なり、実際の花火玉は割薬も星も全て同じ黒色。花火師は、星の色や配置に細心の注意を払って詰めていく。その技はまさに職人芸。

image01
花火大会の裏側をのぞいてみよう
筒を固定し、玉を入れる

花火大会で打ち上げられる花火は全て、事前に筒にセットされる。周囲の安全を考慮した場所に筒を置き、花火玉を上げるための火薬「揚げ薬」、電気導火線と共に花火玉を中にセット。リハーサル無しのまさに本番一発勝負なので、慎重に玉入れが行われる。

image01
打ち上げはプログラムで行う

「揚げ薬」の電気導火線を自動点火発射機へつなぎ、ボタンを押せば、事前にプログラムした通りに花火が打ち上がる。音楽とシンクロしたミュージック花火が楽しめるのも、この技術があるからこそ。

image01
豆知識④

日本で最初の花火大会はいつ?

江戸時代、はやり病や飢饉(ききん)で多くの人が亡くなったため、享保18(1733)年に江戸の大川(現在の隅田川)で慰霊と悪病退散をかねて水神祭を行い、その余興として花火を上げたのが最初だと言われている。本格的に全国に花火大会が広がっていったのは戦後のこと。

豆知識⑤

スターマインとは?

花火大会の華「スターマイン」。よく聞く名前だが、実はスターマインとは花火の種類ではなく、花火を連続して打ち上げる演出のこと。どの花火をどのタイミングで上げるかは、花火師のセンスの見せどころ。打ち上げにコンピューターが導入された、現代ならではの演出と言える。

image01
特集 夏の夜に咲く花々 花火の世界|花火の豆知識
  • TOKKとは
  • Q&A
  • プライバシーポリシー

webTOKKよりお断り:
本サイトに掲載されている施設、店舗の開館・営業時間、料金、定休日、イベント開催期間、内容などは、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。また、表示の価格には消費税が含まれています。
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。
Copyright (C) 2006 Hankyu Advertising Agency Inc. All rights reserved.

ダイヤ検索

検索の注意事項

到着駅

路線図

到着駅

路線図
入れ替え
日付
時刻
さらに条件指定
条件1

経由駅

路線図
条件2